家族3人でまったりキャンプと山登り。時々毎日の出来事を記録に残していこうと思います!

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

くるママ

Author:くるママ
子育ての一貫で始めたアウトドア!なんだかママがはまってしまいました。家族の日々の記録と一緒に残していけたらと思います(^^)/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

かめあつ日記
フリーエリア

夏休み最後の土日は山崎アウトドアランドへ!

運動会もあと一週間に迫りました。
今年も学級対抗リレーの選手になったkuru。
今年は昨年よりも意気込みがなんだか違います。
とっても楽しみで仕方のないくるママなのです。

H29.8.26.27 夏休み最後の土日はお友達ファミリーとオートキャンプに出かけてきました。

久々のオートキャンプ。自分の足で衣食住を背負ったお山のあとのオートはもう、考えただけでなんて楽チン!!!

車で荷物運べるなんて最高やん!!

なので

気持ちもだいぶん余裕がありすぎて

本格的に用意し始めたのは当日の朝。

余裕~(*゚▽゚*)


行き先は、兵庫県宍粟市にある山崎アウトドアランド。

ペットサイトがあるキャンプ場です。


受付。

DSCFyamasaki1.jpg

ゴミは分別して出して帰ることができます。

相当(笑)山奥なので買い物はしていかないと大変です。

受付には売店らしきものはありませんでした。自動販売機くらいかな~?


設営の間子供たちはちょっとした運動場で遊んでいます。

DSCFyamasaki2.jpg

虫捕りしたり。

DSCFyamasakiautodoaranndo3.jpg

はなもまったり。

DSCFyamsaki4.jpg


子供たちが遊び狂っているあいだに大人は焼きヤキ。

DSCFyamasaki5.jpg

こんなに楽ちんでいいのかしらと思っていしまうほど(^O^)


子供たちが遊びのあいだにご飯を食べにきた時にはもうランタンを灯す時間でした。

DSCF0yamsaki6.jpg

時間を気にせず遊べるのって楽しいね。


夜はお決まりの焚き火タイムに焼きマシュマロ。

DSCFyamasaki6.jpg

あ~楽しい(´∀`)

ホントに結構な山奥のキャンプ場。森の中のサイトはホントに真っ暗闇でした。


焚き火が終わって各テントに入ったら、我が家は星を見に外へ。


頭の上は満天の星。

道の上に寝っ転がって眺めます。流れ星や天の川も見えました。


あ~ガスってないって嬉しい(´∀`)






チェックアウトは14時。

ゆっくり片付けても、たっぷり時間があります。

たくさん遊んで

DSCF0yamasaki7.jpg

DSCFyamasaki8.jpg


卓球台なんかもあったりなんかして

DSCF0yamasaki9.jpg

子供は遊び、大人はまったりして帰ってきました。


山崎アウトドアランド。

到着までは結構なくねくね道を走ります。対向車が来たら終わりってぐらい狭い道。もちろんスーパーなどはないので
忘れ物があったときは諦めないといけません(笑)
チェックインは15時。アウトは14時ですが、早めに到着してもサイトが空いていれば入れてくれます。
薪は1束300円。
我が家が利用したペットサイトはオートで3000円でした。流し台は共同です。
はなは毎月薬を飲んでいるので大丈夫でしたが、それでもクサダニ(マダニ)がたくさんつきました。
対処してない場合は吸血されるかもしれないので要注意です。
ブヨはいませんでしたが、人間もダニに注意です。
サイトにはいませんでしたが川原のようなところでkuruとパパが山ヒルに殺られました('ロ'('ロ'('ロ'('ロ' )!!!
山ヒルにも要注意だと思います。
パパなんか運動靴だったのに侵入されてました。恐るべし、山ヒルです( º言º )

久々のオートキャンプでバーベキュー。

なんだかホテルに泊まるような感覚で出かけて行きました。

あ~楽しかった(*゚▽゚*)


さぁ、反省し続ける夏山レポ2日目を書かねば・・( ̄^ ̄)ゞ


更新の励みになります!クリックお願いします!



にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

反省だらけの2日目が始まります。

台風が近づいてきています。雨がふりかけている関西地方。

風はまだ出てきていませんが窓の外のシェードをパパが巻き上げてくれました。

ひどい被害になりませんように(>_<)


連日の運動会の練習でお疲れ風邪気味のkuru。

今日は朝からゆっくりまったりの我が家です。


H29.8.13.14.15 2泊3日で北アルプス縦走にチャレンジしてきました。




さてさてさてさて 常念小屋のテント場で目覚めた朝。時間は3時です。

ゴソゴソ用意をして、4時。常念岳へ出発しました。

DSCFjyounenn41.jpg


まだまだ辺りは真っ暗。ヘッドランプを装着します。

ガスがまだかかっています。

「あ~ガスってる~」と誰かの声が聞こえました。

パパは起こしましたが、「今日また歩くことを考えて常念岳には登らずまだ寝てる」との返事。

kuruと2人で出発です。

このパパの判断。後の行程に大きな大きな差が出ることになったのです。このことも今回の反省点の一つ(;_;)



登り始めて少ししたら、視界が少しづつ開けてきて

遠く、槍ヶ岳が見えました。

DSCFjyounenn42.jpg

常念小屋は標高2460M。そこから標高2857Mの常念岳を目指します。

DSCFjyounenn43.jpg

登山道はガレガレ。


横通岳を正面に。常念小屋の赤い屋根が小さく見えます。

DSCFjyounenn45.jpg

今日はあの山を越えてあの山の向こう側へ歩いていくのね。



登り始めて1時間。頂上は近いのかと思いきや、結構遠くて・・。

2/3程登ったところで、テント場へ戻ることにしました。




それでも景色は最高に綺麗で満足(^-^)

DSCFjyounenn.jpg

DSCFjyounenn47.jpg


テント場へ戻るともう皆さん出発されて、テントは数える程しか残っていませんでした。

パパはもう朝ごはんを食べて、出発準備をしています。

私たちも軽く朝ごはんを食べて出発です。


8時36分。常念乗越を出発。

DSCFjyounenndake46.jpg


まずは横通岳へ。

DSCFjyounndake48.jpg


登るにつれてガスが晴れて青空が見えてきました。


DSCFjyounenn49.jpg


DSCFjyounenn411.jpg

もうこの頃からパパの姿はありません。

次のテント場は大天井岳。景色がすごくいいテント場とリサーチしていたので早く着きたかったのです。

なのでここからは母娘2人登山。パパはソロ(笑)

こんなふうに別れたことも、今回の反省点の1つになったのですが。。




登り始めて約1時間ほどで頂上らしきところに出ました。

ここからは稜線が見えます。

もう登らなくていいのか~とほっと休憩です。

DSCFjyounenn412.jpg


ここからしばらく稜線歩きが続くみたい。

DSCFjyounenn413.jpg

パパの姿は全く見えず。もう、どのくらい前を歩いているのかもわかりません。


この辺りからでしょうか・・?なんだか体に異変を感じ始めました。

DSCFjyounenn414.jpg

天気も良くなってきて、正面にはアルプスの山々。

テンションupのはずなのに、息が苦しいのです。少し歩くと息切れと動機がします。

すれ違いのため、すこしペースを早く歩いただけで立ち止まって息を整えないといけません。

酸素が薄いからかなと、しっかり息を吸うようにkuruに声をかけながら進みました。

なので超スローペースです。


DSCFjyounenn415.jpg


少し歩くと

また雷鳥さんに遭遇o(^▽^)o

DSCFjyounenn416.jpg

すごいね~!また会えた!!



ペースが上がらないkuru。シャリバテ気味かなと思ったのでしっかり食べることに。

そして気づきました。しっかりしたご飯類は持っていますが、肝心のお湯を沸かすガスはパパが持っているのです(;゚Д゚)!

しかもkuruの行動食用のゼリーなんかも・・。

仕方ないので

朝ごはんの残りの鮭ご飯を食べました。これがあってよかった・・(;_;)

DSCFjyounenn417.jpg


ゆっくり歩きます。
DSCFjyounenn418.jpg

ザックもまだ重く、自分のことで精一杯になってしまっている母。

自分も息が上がって苦しい時に、娘のことを気遣いながら歩いていると当然自分のペースで歩けず。

2人とも汗の量もなんだかおかしい位多いのに、水を飲む量が今思えば少なかったと思います。


11時。一旦下ったところで小休止しました。

お昼なのでホントはもっと高カロリーの行動食を口にしたいのに、ザックにはちょっとしたお菓子くらいしか入っていませんでした。

DSCFjyounenndake417.jpg

今からまた登り返しです。

ヘロヘロの母娘。

あとどれくらい歩いたらいいのかも検討がつかず・。

でも行くしかりません。



続く。。

更新の励みになります!クリックお願いします!



にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


常念小屋テント場にて。

H29.8.13.14.15 2泊3日で北アルプス縦走にチャレンジしてきました。



さてさてさて、やっとのことで常念乗越に到着した我が家。いや、くるママ(。-∀-)

テン場ではもうすでにパパがテントを張ってくれていました。

DSCFjyounenn31.jpg

あざっす!


お腹がすいているのかなにがなんなのかわからないグロッキー状態ですが

常念小屋へランチに(♡ˊ艸ˋ)

DSCFjyounenn32.jpg




kuruはラーメン。パパはビールに枝豆。焼き鳥などなど。

DSCFjyounenn33.jpg


くるママはカレーを頼みましたが、喉を通らず・・。パパとkuruに食べてもらいました。

DSCFjyounenn34.jpg


二人・・お元気そうで何よりですね( ̄▽ ̄)



「胸突八丁ってとこから凄かったよな~!俺もうあかんとおもたわ!肩にザックが食い込んで食い込んで・・・。
フラフラやったわ!でも、二人がゆっくりペースすぎてテント張るところがなくなりそうやから行かなあかんし。
お前を恨んだわ!(笑)しかもそんなザック重いのによう担いだなぁ!途中から顔死んどったで!(大笑笑笑)」と、パパ。


・・・元気ね( ̄▽ ̄)




常念乗越は相変わらずガスでまっ白。槍ヶ岳は隠れています。

でも慌てず、皆さんテン場でゆっくりガスが晴れるのを待たれてます。



15時15分頃、半分だけ急にガスが晴れました。ほんっとにみるみるうちに。



半分だけ横通岳(笑)


DSCFjyounenn36.jpg


槍ヶ岳はまだ雲の中。

DSCFjyounenn35.jpg


常念岳も半分だけ(笑)

DSCFjyounen37.jpg


それでも


自然が作る素晴らしい景色にうっとり。


常念岳を途中までだけ登ってくるわ~とkuruとパパが行ってしまったので

一人ぼんやり待っていると

「雷鳥の親子がいるよ~」っと教えていただきました。

行ってみると

そこには



雷鳥さん(*゚▽゚*)


会いたかった~~!!

DSCFjyounenn38.jpg

親子でした。

あとからkuruに「せこい~!kuruも見たかった!」と言われましたが・・。


この日結局槍ヶ岳は顔を見せてくれませんでしたが、雲のあいだから槍ヶ岳を見たkuruとパパ。


ママも見たかった・・。





17時半。野菜をいっぱい入れて、豚汁パーティの始まりです。

DSCFjyounenndake38.jpg

お米を食べる元気がなかったのでちょうど良かったです。


パパが担いできたワインを少し飲んで、18時すぎ。就寝。


早!!Σ(゚д゚lll)



山のテン場から見る星も楽しみだったけど

こんだけガスってたら無理だろうというかもう起きれないと思い、暗くなるのと同時に就寝となりました。




常念小屋のテント場は一人1000円。

テント泊の人は小屋泊の人たちとは別の食堂スペースを利用できましたが、お昼は14時までの利用でした。

14時回って入ろうとして止められてる方もいらっしゃったので、利用するときはお昼には到着してる方がいいかもしれません。

トイレはテン場にある仮設トイレを利用します。小屋の中のトイレは利用できません。

このトイレが・・すごくて・・いや、ほんとすごくて・・。

なんというか・仮設トイレなんですがトイレの中のブツ(笑)が近くて近くて。他人のブツってほら、見ることまずないから(笑)

ある意味面白かったです。ここのトイレはテン場でもあちこちで話題になってました(*´艸`)

トイレは100円のチップ制。テン泊の人はテント泊料金に含まれてました。

テント場は石がゴロゴロしていて、やや斜めですが眠れないことは無いと思います。

我が家は常念小屋に近い方のテント場を利用しましたが、もう一箇所あり、そこの方が広くてたくさんテントを張れてました。



なにはともあれ、1日目の夜は過ぎていったのです。


続く。


更新の励みになります!クリックお願いします!



にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村





到着!常念乗越!

H29.8.13.14.15 2泊3日で北アルプス縦走へ出かけてきました。



さて、2手に別れた我が家。


5分休憩のあと、先に行ったパパに追いつこうと出発。

登山道は相変わらずの川沿いを歩きますが、ガスがどんどん出てきました。

DSCFjyounenn21.jpg


高山植物がたくさんに咲いています。

DSCFjyounenn22.jpg

DSCFjyounenn24.jpg

DSCFjyounenn23.jpg


花の写真を撮るのがすきなkuru。

このあたりは全部kuruが撮ってくれました。

母はもう写真を撮る余裕が全くなく・・。




全くないところに現れたのがこれ。

DSCFjyounenn25.jpg

胸突って・・・( º言º )



なんと!

DSCFjyounenn26.jpg


もうフラフラです・・。

DSCFjyounenn27.jpg


高所恐怖症なんです。。

DSCFjyounenn28.jpg


歩いても歩いてもパパの姿は見えず。




後で聞くと、ここでパパは私たち二人が来れるか後ろを確認したそうです。

木々の間からkuruの姿が見えたので安心し、先を行ったそうで・・。

待っといてくれたらよかったのに!!ヽ(`Д´)ノ


・・・というのも、歩いても歩いてもパパに追いつかないことでkuruが不安がりだしました。
気持ちに余裕がない母。気持ちに余裕のなくなった娘。


そこへ最終水場の看板が現れました。

今思えば、やめといたらよかったのに、最終水場の文字に焦った母は、持ってきていたプラティパス全部に2Lの水を新たに汲み、
ザックの中へ。

更に一気に重さが増しました。 当たり前!

私・・余裕がなさすぎて冷静な判断がつかなかったのしょう。

体力的に余裕がないのであれば、小屋で水を買えばよいのに。


最終水場を超えたら、更に急登になりました。


気持ちに余裕のない小学三年生は
ブツブツブツブツ文句たらたら。
まだつかないのかだの、もうちょっとってママ言うたのにだの言ってたような気がします。
たぶん。。あまりのしんどさに耳さえもちゃんと聞こえない母。
なんて?聞こえへん。もう一回言うてを繰り返す母にブチギレた小学三年生。癇癪を起こしましたΣ(゚д゚lll)

ハイドレーションの飲み口を振り回し、ハイドレーションの飲み口は・・・
何処かへ・・・( ̄▽ ̄)

そして冷静になった小学三年生。
逆にブチギレた母。

「なにやってんねん!!!!飲みくち出てこんかったら二度と買わへんから!!!」ヽ(`Д´)ノ


しばし探して出てきましたが、壊れてます。



青ざめて冷静に歩けるようになった小学三年生と
怒りで歩けるようになった母(笑)


DSCFjyounenn29.jpg


ここで少し休憩。

DSCFjyounenn211.jpg


休憩したら少し落ち着いてきた母娘(笑)



さぁ、頑張ろ!

DSCFjyounenn212.jpg


あともうちょっとなので、kuruはどんどん先に歩き、見えなくなってしまいました。

ザックがあまりにも重すぎて足が前に進みません(;_;)

もうパパはテン場に着いているはずです。

kuruが先に行ってしまっても、追いつこうとする気力も体力も無くなっていました。

パパ・・。任せた・・・。頼んます(。-∀-)






そして




やっと12時47分。常念乗越に到着しました。出発から約6時間半。フラフラです。


テントは張ってあり、ザックをおろしてまったりクロックス姿のkuruが迎えに来てくれました。

「ママ~!小屋でごはん食べようって待ってるで~!」

DSCFjyounenn213.jpg



ママごはん・・喉通るかなぁ・・(ToT)


続く。


更新の励みになります!クリックお願いします!




にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村



目指せ!常念乗越!

H29.8.13.14.15 2泊3日で北アルプス縦走へ出かけてきました。

まずは常念小屋のテン場を目指します。

一の沢登山口を6時30分、常念乗越へ向かって出発した我が家。

登山道は森の中。

DSCFjyounenn1.jpg


でも沢沿いに歩くのでいつも川の流れる音が聞こえます。

DSCFjyounenn2.jpg

水はとても綺麗で豊富。

DSCFjyounenn3.jpg

DSCFjyounenn4.jpg

沢沿いのせいか天気のせいかひんやりして気持ちいい登山道です。

DSCFjyounenn5.jpg

休憩できそうな場所で、皆さん休憩されてます。

DSCFjyounenn6.jpg

ここで初めてザックを下ろしました。といってもそんなにまだ登ってないはずですが・・。もう・・あまりの重さに・・・(T ^ T)


水遊びで気分転換です。

DSCFjyounenn7.jpg


ここまでゆっくりペースの我が家。kuruのエンジンがかかりません。

仕方ないのでkuruのコーラを1本くるママのザックへ入れました。

担ごうとするとヨロヨロっとよろけます。おっとっと!

たかが500mlペットボトル1本。されど500mlペットボトル1本。


でもこのおかげかここからkuruのペースが上がりました。


ま・・待って欲しい・・。

DSCFjyounenn8.jpg


ザックの肩ベルトが肩に食い込みます。

重さで足もいつものように上がりません。

でも足元は大きな不安定な石。

気を抜くとほんとに後ろに倒れそうになります。

どんどん先に行くkuruとパパには完全についていけなくなりました。


全然知らない人のあとをついていきます(笑)


DSCFjyounenn9.jpg

お先にどうぞと言ってもらいましたが

ゆっくり行きましょう(笑)とあとをついて行きます。

抜かれても抜く元気はありませんでした。





30分以上遅れてやっと追いついたら、二人はゆっくり休憩してました。

DSCFjyounenn10.jpg

「ママ遅い~!!めっちゃ待ったやん!さぁ、行くで」

「いや、ママ休ましてよ!!Σ(゚д゚lll)」

「しゃ~ないなぁ」って・・・。

コーラ戻したろか!!!ヽ(`Д´)ノ





登山道には綺麗な高山植物たちも。

DSCFjyounenn11.jpg

DSCFjyounenn12.jpg



本格的にガスの中に入っていきました。

さぁ、出発です。

DSCFjyounenn13.jpg


まだ余裕があるお二人。

DSCFjyounenn14.jpg


登山道なのか小川なのかわかりにくい道になってきました。

DSCFjyounenn15.jpg


ここを少し過ぎたあたりでまた休憩しようと言い出したkuru。それにのっかるくるママ。

休憩を長く取りすぎて体が冷えるのを嫌がったパパ。

時間は10時半。出発してから4時間がたっています。テン場の確保もちょっと気になるし・・。


kuruとくるママは5分休憩。パパは少しでも先に行くことになり、二手に分かれました。



このあと・・

全く気持ちに余裕がなくなってくるのです。


続く~!


更新の励みになります!クリックお願いします!




にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR